ウインドリペア

フロントガラスの小さなヒビ割れにはウインドリペア

小さな傷やへこみを安価・短納期で修理できる「デントリペア」を得意とするヴィークルクラフトでは、「ウインドリペア」にも対応しています。ウインドリペアとは、光学用樹脂を用いてフロントガラスなどにできたヒビ割れを補修するサービスです。  

突然の飛び石などによってできるフロントガラスのヒビ割れは、最初は小さくても徐々に大きくなってしまうもの。放置してヒビが大きくなってしまうと、ガラス交換によって思わぬ出費を強いられる……ということにもなりかねません。ウインドリペアならヒビの延び止め効果が期待できるので、そういった割れの拡大を防ぐことができます。


CAUTION !
いったんヒビが入ったフロントガラスは劣化が早くなり、気温の変化や運転時の風圧、エンジンの振動などでヒビはどんどん大きくなっていきます。
危険ですので、早めに補修しましょう。


ウインドリペアのメリット

リーズナブルな価格

フロントガラスにできた割れの場合、ウインドリペアならガラス交換の4分の1~5分の1程度の費用で済みます。
このリーズナブルな価格が最大の特徴です。

補修時間が短い

40分程度で補修が完了するので、別日にお車を取りに来ていただいたり、代車を使用していただいたりする必要がありません。補修後はそのまま乗って帰っていただけます

さまざまな形状の割れに対応

スターブレイク(星型)、クローバーリーフ(三つ葉型)、ハーフムーン(半月型)など傷の種類によって補修の難易度は替わりますが、ウインドリペアならさまざまなヒビ割れに対応できます。


ウインドリペアの流れ

➊ 五百円玉に隠れる程度の割れであれば修復することが可能です。

五百円玉に隠れる程度の割れであれば修復することが可能です。

➋ 表側ガラスと中間膜の間に発生したヒビの中に、ガラスと同じ屈折率を持つ特殊樹脂液を真空状態にして注入します。

表側ガラスと中間膜の間に発生したヒビの中に、ガラスと同じ屈折率を持つ特殊樹脂液を真空状態にして注入します。

➌ 可視光線硬化ランプで液を硬化させます。

可視光線硬化ランプで液を硬化させます。

➍ 最後に表面を磨き上げて完成です。

最後に表面を磨き上げて完成です。

料金紹介

一か所¥8,000~

※詳しい料金はお問い合わせください。

CAUTION !
  • 通常走行には支障の無い程度にはなりますが、完全に「元の状態」に戻せるわけではありません。 
  • 直した跡は、飛び石による衝撃点と、修復による作業跡などが残る場合があります。 
  • 修復の跡を気にされる方は交換をお勧めします。 
  • フロントガラスにかかっている力によって、作業中に割れが広がる事もあります。
    その場合はガラス交換となりますのでのでご承知おきください。 
また、以下のような場合は、ウインドリペアをおすすめできません。
  • 500円玉よりも大きなヒビ割れの場合 
  • 周囲に細かいヒビ割れがある破損の場合 
  • フロントガラスの下枠から30cm以内のヒビ割れの場合 
  • フロントガラスの上枠・横枠から10cm以内のヒビ割れの場合 
  • ガラス自体に特殊処理(熱反射ガラス等)がしてある場合 
  • フロントガラスに補修跡を残したくない場合

ウインドリペアのお問い合わせ、お申し込みはこちら

090-3107-3771
メールでのお問い合わせ